野立ての太陽光発電システムの導入とは?

何も建てていない土地や、どうしようか迷っている空き地、工場や倉庫の屋根などなど…太陽光発電の導入は色々なところでできるようになりました。土地や空き地に太陽光発電を導入する場合、野立ての太陽光発電、などといいます。屋根につけるのが一般的と考えられていて、見かけるのも多いでしょう。しかし、太陽光発電のパネルだけをそのまま設置することを、野立てといっています。

太陽光発電をおこなうことでできた電力は、地域の電力会社が全量買取をするという制度が法で定められていますので、太陽光発電システムを設置することで、収入になります。もちろん太陽光発電システムを導入するためには設置費用は必要です。しかしその設置も促進するために、減税制度などもありますので、ぜひ利用してみてください。

土地や空き地はあるけど、そこが野立てに適しているかどうか…という場合は、まずエコライフに相談してみてください。エコライフはココからチェックできます。エコライフでは造成までおこない、野立てに適した土地を造ってもらうこともできます。基本は平地であり太陽が十分にあたること、など基本的な決まりはありますが、相談して野立てができる環境に整えてもらい、太陽光発電システムを導入できます。まずは相談から、はじめてみませんか。